読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「世界幸福度ランキング」で日本は53位

世界幸福度ランキング

世界幸福度ランキング」が発表されました。

日本の幸福度は高い?低い?


「世界で最も幸せな国ランキング」から、対象となった157カ国・地域中、日本が53位であることが判明した。

このランキングは国民一人あたりのGDP国内総生産)・社会福祉健康寿命・人生における選択肢・寛容性・腐敗認識・ディストピア(反理想主義の要素を持つ社会)の7つの項目に基づいて、各国の幸福度を測定したものだ。

ディストピアは2013年から2015年に発表されたランキングの最低世界平均値で、各国のパフォーマンスを比較するためのベンチマークの役割を果たしている。

日本の総合スコアは5.921。GDP社会福祉健康寿命面では平均、あるいはそれ以上の評価をうけているが、他国と比べてディストピア性が非常に低い。

レポートには日本に関する詳細が記載されていないためあくまで憶測の範囲になるが、要するに理想社会主義的要素が高く、ある意味単純化しているということを指すのだろうか。

アジアではシンガポール(22位/6.739)、タイ(33位/6.474)、台湾(35位/6.379)がトップ50入り。

近隣国・地域では中国(83位/5.245)、香港(75位/5.458)、韓国(58位/5.835)という結果に。

総体的に欧州国が多数上位に、政治情勢の不安定な国が下位に選ばれた。

このランキングは国際連合による「世界幸福度報告書2016」の更新版で、国家統計から国際世論調査会社、ギャラップのサーベイ結果まで、幅広い情報源から作成された。

■世界で最も幸福度の高い10カ国

10位 イスラエル 7.267ポイント
9位 オーストラリア 7.313
8位 ニュージーランド 7.334
7位 オランダ 7.339
6位 カナダ 7.404
5位 フィンランド 7.414
4位 ノルウェー 7.498
3位 アイスランド 7.501
2位 スイス 7.509
1位 デンマーク 7.526

(ZUUonline編集部)

 *****************************************************************:***********************************

 電気、ガス、水道、治安、住宅事情・・その他もろもろ

今の日本人は全てに恵まれているような生活をしているにも関わらず

何故、「私は今、幸せです」と答えられる人が少ないのでしょうか?

 

お金や物に、どんなに恵まれていても

自分の心を埋められない空洞のようなものを

もしかしたら皆が一人、一人、持っているのかも知れませんね?

 

お金では手に入れられない幸せ・・

満たされない満足感・・

 

*****************************************************************************************************

 

お金がなくても世界は成り立つという事を思い出してください

お金と言うものがで出来たのは、そう古くは有りません

お金と言うものが無かった時代の方が長いのです

お金が無くても皆、豊かに暮らしていました

反対にお金がな無い方が豊かだったのです

 

今の社会が出来るまでは、所有と言う概念自体が有りませんでした


特に日本に置いて所有の概念が出来たのは本当に最近のことです

最近と言っても、かなりの時間になりますが、その前の時間から見るとほんの短い間のことなのです

所有の概念が日本に持ち込まれるまで全ては共有されていました

全て皆のもの。

地球が皆に平等に与えてくれていると思っていましたので物々交換なども思いつかなかったのです

地球に有る物は全て皆で共有するもの・・

人間だけではなく全ての存在でです


そして自分に出来る事を提供し合って豊かに暮らしていました

所有と言う概念が有りませんから、争い事も有りませんでした

もちろん競争なども有りません


どっち早く走れるか・・等の遊びは有りましたが、リーダーと言う存在も有りません

そして何かを宣言するルールなども有りません

やりたい事だけをやりたい時だけする


これで十分豊かに暮らしていけたのです

本当にそんな世界が有ったのです

それも今の私達の社会の何倍も長い時間その社会は存続していました

勿論、素晴らしい文化も有りました


私達の文化とは全く違うものですが・・

だから出来るのです

そんな豊かな社会が有ったのですから、またその社会を作ることが出来るのです


私達が心から望めば、思考は現実化します

どのような世界にしたいですか?

皆で共有する社会はどんなものでしょうか?

イメージしてください

出来る限り詳しくイメージしてください

楽しんで本当に、そこに居るかのように感情も感じながらイメージしてください


そうすれば現実化の方向へ動いていきます

もう今までの社会は成り立たなくなっています

それは皆も感じていると思います

今その社会が崩壊と進んでいます

ですから次は創造なのです

どんな社会を創造していくか自分で決めて下さい


私達が次の社会を創造していくのですから

 

*****************************************************************************************************

 

※今日の私の学びをシェアをさせて頂きました

 

僕らが描いた未来は僕らが未来を選べるように

少しずつ、少しずつでいいから

今、始められる事が有るはず

愛すべき僕らの未来の為

(愛すべき未来へEXILE動画より)

 

 

 

傷ついてしまった、インナーチャイルドを癒すには、褒める事が一番よい

いつまでも見つめてたい幸せそうなその笑顔

広いこの地球の何処かで今日も泣いてる人が居るのかな?

いつも心に居る大切な人を想い
幸せであって欲しいと願う僕の小さな夢

いつか失くしたものだって、きっともう一度取り戻せるから

僕は精一杯叫び続ける、愛する気持ちまで止めないで

 

いつか傷ついて優しい気持ち失くして

夢を追いかけるホントの意味さえ見えなくなってた

子供たちが夢を持ったまま生きていって欲しいと願うから

今、僕らはここで何をすべきか愛すべき僕らの未来の為

 

幾千の星の中、優しさを分け合う喜びを知り

僕たちは、これから繋いでゆくんだ希望と命の糸

僕が笑顔でいられたら、あなたの笑顔が見ていられる

そう信じて僕は叫び続ける愛する気持ちまで止めないで

愛する僕らの未来の為 

 (愛すべき未来へEXILE曲より)

 

*****************************************************************************************************

傷ついてしまったインナーチャイルド
癒すにはどうしたら良いのでしょうか?


子供の頃の環境が悪くて傷ついてしまったり、親から言われた事が

忘れられなかったりして今も苦しい。

 

その為に自分に自信が持てない、子供が出来ても親と同じ事を自分も

してしまいそうで怖い。だから自分を好きになれない。

 

「自分を大切にして下さい。」と言われても、大切にする事が分からない。

そんな人は、どうしたら癒す事が出来るのでしょうか?

 

そんな時は泣いてる子に集中しないで下さい。

 

「悲しかったね。苦しかったね。」と言い続けないで下さい。同情しないで下さい。

同情すると、そこから抜ける事が出来なくなってしまいます。

 

傷ばかりを追っていると、いつまでも傷が生々しく存在します。

傷は必ず治ります。その方には自己治癒力が有ります。それを信じて下さい。


身体だけではなく心も自己治癒します。それを信じて傷の事は気にせず

楽しい事をしていて下さい。そうすれば気が付いたら傷は治っています。


最初、自分のイメージの中で泣いている子(小さなあなた)を見て下さい。

見るだけでいいです。そのまま泣いている子を見守ってあげて下さい。

泣いてるなら気が済むまで泣かせてあげて下さい。


でも同情はしないで下さいね。一緒に悲しむ必要は有りません。

悲しまないで下さい。じっと、ただ見守ってあげて下さい。

そうすると泣くのに疲れてきます。だんだん涙が止まってきます。

そしたら、その子が出来る事に視点を合わせていってく下さい。


その子が出来る事です。小さな子供でも歩けますね?

「歩いてごらん」って、そっと優しく言ってあげて下さい。

 

歩き始めたら、それを褒めてあげて下さい。

「とても上手に歩けて凄いねー」って褒めてあげて下さい。

歩ける事も素晴らしい事です。歩くと言うのは当たり前では無いのです。


微妙なバランスを取りながら、足を交互に出せるのは奇跡に近い事なのです。

それが出来る、その子は凄いのです。

歩く事に自信が出来たら次に出来る事を見つけて下さい。


走れる事でもいいです。何かを作れる事でもいいです。

おしゃべりが出来る事でもいいです。

 

おしゃべり出来るならば、その話をじっと聞いてあげて下さい。

そして上手に話が出来た事を褒めてあげて下さい。

 

どんどん些細な事でもいいです。出来る事を見つけて褒めてあげて下さい。

どんな事もで出来て当たり前じゃないんです。その子が出来る事に対して、

「出来て凄いね」と、とにかく褒めてあげて下さい。

 

その子が笑ったら一緒に笑ってあげて下さい。

「笑顔がとても可愛いね」って、褒めてあげて下さい。

そうすると、その子は自分に自信が持てるようになります

 

小さな自分に自信が出来ると、他の人に言われた事など気にならなくなります。

 

自信を付ける為には、褒めるのが1番です。

可愛そうな子供時代だと思い、それを癒さなければいけない。と言うスタンスでいるとその子(自分自身)を、いつまでも被害者の立場に居させてしまう事になります。

 

被害者になってしまうと自分では何も出来ないと思い込んでしまいます。

親のせい、誰かのせいで私はこんな悲しい思いをしたとなると、

いつまでもそこから出られなくなります。

 

癒さなければいけない・・と思うと言う事は、自分は被害者であると

認めてしまうことになります。


被害者のままで居させるのではなく、自立する方向へ視点を変えて下さい。

可愛そうだと同情するのではなく、自信を付けてあげて下さい。

 

自分に自信が出来ると、今まで悲しい出来事だと思っていた事が、

「なんだそんな小さな事だったんだ」と、思えるようになります。


その時に初めて、全て癒されたと思えるのです。

傷を見てずっと悲しみの中にいるのではなく、傷が治っていく事意識を向けて行けば

同じように傷ついたとしても受け取り方が変わってきます。


悲劇だと思って誰にも言えなかった事が話のネタになるのです。

(自虐ネタではないですよ)

 

話のネタに出来てしまえば、なんて事はなくなります。先ずは自信をつけて下さい。

自分の存在自体が奇跡なのですから。

出来て当たり前だと思っている事に、ちょっと視点を変えてみて下さい


その方には沢山、出来る事が有るんです。その方しか出来ない事ばかりなのです。

出来ない事を見つけるのは上手なのに、出来る事を見つけるのは苦手ですね(笑)


でも少しだけ視点を変えてみれば反対になります。

出来る事が、どれだけ多いか分かってびっくりしますよ。

 

小さな自分が笑ってくれるまで褒めて褒めて褒めちぎってあげて下さい。

これは他の誰にも出来る事ではありません。


自分にしか出来ない事なのです。

 

そして「親と同じ事を、自分も又してしまうのではないか?」と、もし怖いと思う

気持ちが有るのであれば、「私は、それをしません」と決めればいいだけの事です。

 

それだけです。全て自分が決めればいいのです。

小さな自分(インナーチャイルド)を被害者にしないで下さいね。

 

褒めてあげれば自信がつきます。自信があれば自分が好きになれます。

自分を好きな人はそんな意識をしなくても知らず知らずに自分を大切にしています。

大丈夫!!

傷は知らない内に自分で治します。

深刻にならず楽しい事をしていて下さい。

 

(今日の私の学びをシェアさせて頂きました)

 

今日も皆様の一日が素敵な日でありますように!! (o^―^o)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォルト・ディズニーの見た夢とHIROさんの夢に思うこと

EXILELDH 

アメリカ、ヨーロッパ、アジアなどの海外に拠点を置き、世界規模で事業を展開することを昨年10月に発表。
 
「ディズニーやユニバーサルのような世界中の人が楽しめるエンタテインメントを生み出せる会社を目指したい」HIROはそう宣言

 LDHはアメリカ、ヨーロッパ、アジアなどの海外に拠点を置き、世界規模で事業を展開することを昨年10月に発表。
 
「ディズニーやユニバーサルのような世界中の人が楽しめるエンタテインメントを生み出せる会社を目指したい」
 
HIROはそう宣言し、世界中を走り回っている

***************************************************************************************************** 

「ディズニーやユニバーサルのような世界中の人が楽しめるエンタテインメントを生み出せる会社を目指したい」

 HIROさんの夢は広大ですよね~本当に素晴らしいプロジェクトだと私は思います。

こうした計画を、非難したり、笑ったりしているような方々もいらっしゃるようですが私はとても感動し、応援しています。

 

ディズニーランドを作った、ウォルト・ディズニーも初め、そんな夢は絶対に叶わない!と言われ誰からも相手にされませんでした。

でも、ウォルト・ディズニーが夢に描いた世界は実現しました!!

 

 10年前、EX ATSUSHIさんがテレビ番組「オーラの泉」に出演された時に番組の中で、スピリチュアル・チェックというところで、いくつかの質問を受けています。

 

 その中の一番最後の質問に、「将来の夢は何ですか?」と聞かれ

 そして篤志さんは、ハッキリと答えました。

「世界進出!」

 

篤志さんたちが10年前に抱いた夢が今、大きく動き出そうとしているんです。

それは本当に素晴らしい事で、ワクワク・ドキドキするような出来事です。

 

篤志さんは「愛すべき未来へ」という歌を作った時に、世代を超えて未来に伝えていきたいメッセージとして

 

夢を追いかけると言う意味では、皆の心がもっともっと豊かになる未来だったりとか

 

そして、やっぱり地球の未来と言う大きなもんも有って今、僕らがするべき事を、もう一度ちゃんと考えようと考えたくて、「愛すべき未来へ」と言う言葉を書いたんです。

 

僕にとっての愛すべき未来と言うのは、愛すべき未来を創ろうと言う意味の未来なので

これから僕らが創って行くものなのかなと思っています。と語られています。

 

若かりし(今も、お若いですが)頃の篤志さん達は今と何も変わってないような気がしますね?

 

そこでウォルト・ディズニーに関して少々記載してみたいと思います。

 ****************************************************************************************************:

1966年12月15日、肺癌による肺炎で、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの完成を見ないまま亡くなった。満65歳没(享年66)。

 

ウォルトはディズニーランド開設前に「いつでも掃除が行き届いていて、おいしいものが食べられる。そんな夢の世界を作りたい」と語っていた。

 

無論これは現在のディズニーランドの土台となっている大事な思想であり、現に他のテーマパークでは何の変哲も無く行われている地面の掃除も、ディズニーランド内ではまるで1つのショーであるかの如く行われている。

 

また、ウォルトはディズニーランドのオープン時のスピーチの中で、「私はディズニーランドが人々に幸福を与える場所、大人も子供も、共に生命の驚異や冒険を体験し、楽しい思い出を作ってもらえる様な場所であって欲しいと願っています。」と言った。

 

その「誰もが楽しめる」というファミリーエンターテイメントの理念は、今も各ディズニーのパークで受け継がれている。

 

ディズニーランドの生みの親、ウォルト・ディズニーは、映画、テレビ、テーマパークと、ジャンルを超えて創造力を発揮し、世界中の人々に夢と感動の体験を提供し続けました。

 

ウォルト・ディズニーがその多彩な活躍の中で一貫して大切にしてきたのは、積極的に未知の世界をたずね自発的に学ぶことの楽しさを、若い世代に伝えることです。

 

 その精神を受け継いで生まれたのが東京ディズニーリゾートです。

 

この場所が、皆さんの創造性や人間性へとつながることを願って、きめ細かなおもてなしをこころがけています。

 

親と子供が一緒に楽しめる場所があるべきだ
 ~ ディズニーランドの誕生

 

ウォルト・ディズニーは、毎週末のように幼い2人の娘を連れて動物園や遊園地へ遊びに行っていました。

 

あるとき、娘たちは遊具に乗って楽しんでいるのに、自分はベンチに座ってピーナッツを食べるだけという状況に、おとなと子どもたちが一緒に楽しめる場所を造るべきではないかと考えたのです。

 

ウォルトが考えたディズニーランド計画とその開発には15年という長い年月がかかったといいます。そして、ついに1955年、カリフォルニア州にディズニーランドを完成させたのです。

 

私たちが彼に意図していたこと、期待していたことは、
彼が世界中の人々と一緒に笑い、人々を笑わせ続けてくれることだった
  

ディズニーランドは永遠に完成しない。

この世界に想像力が残っている限り、成長し続ける。
 ~ Where dreams come true 夢がかなう場所

 

 1955年、カリフォルニア州アナハイムに世界初のディズニーランドがオープン。

 パークの完成を心待ちにしていたゲストは、ウォルトが築き上げたものを見たいとパークに押し寄せました。

 

そのとき、彼は「ディズニーランドは永遠に完成しない。世界に想像力がある限り、成長し続けるだろう」と語っています。

 

人々に何度も来てもらい、愛され続けるには、常に新しい夢とアイディアでパークを改良し続けていく必要があることに気づいていたのです。

 

そしてその言葉通り、ディズニーランドは50年以上経った現在も、斬新で新しい発想と創造力で成長し続け、世界中の人々を驚かせています

 

*****************************************************************************************************

 ウォルト・ディズニーの名言・格言

 

与えることは最高の喜びだ。
他人に喜びを運ぶ人は、
自分自身の喜びと満足を得る。
 
- ウォルト・ディズニー -

 

成功する秘訣を教えてほしい、
どうすれば夢を実現することができますかと
よく人から尋ねられる。
自分でやってみることだと私は答えている。
 
- ウォルト・ディズニー -

 

あなたがやれる最善を尽くしたなら、
心配したって事態は良くならない。
私もいろいろなことを心配するが、
ダムからあふれる水までは心配しない。
 
- ウォルト・ディズニー -

 

ディズニーランドが完成することはない。
世の中に想像力がある限り
進化し続けるだろう。
 
- ウォルト・ディズニー -

 

もし清掃作業員が
良いアイデアを持っていれば、
私は彼のアイデアを採用する。
私は権威をひけらかしはしない。
普通の人たちの意見を大切にする。
 
- ウォルト・ディズニー -


 現状維持では、
後退するばかりである。
 
- ウォルト・ディズニー -

 

考えなさい。
調査し、探究し、問いかけ、
熟考するのです。
 
- ウォルト・ディズニー -

 

若者の多くは、
自分たちに未来はない、
やることなど残っていないと思っている。
しかし、探検すべき道は
まだたくさん残っている。
 
- ウォルト・ディズニー -

 

失敗したからって何なのだ?
失敗から学びを得て、
また挑戦すればいいじゃないか。
 
- ウォルト・ディズニー -

 

正直に自分の無知を認めることが大切だ。
そうすれば、
必ず熱心に教えてくれる人が現れる。
 

 

 I Wish Your Happiness . Always !

全ての方々の今と未来が光輝きますように!