読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傷ついてしまった、インナーチャイルドを癒すには、褒める事が一番よい

いつまでも見つめてたい幸せそうなその笑顔

広いこの地球の何処かで今日も泣いてる人が居るのかな?

いつも心に居る大切な人を想い
幸せであって欲しいと願う僕の小さな夢

いつか失くしたものだって、きっともう一度取り戻せるから

僕は精一杯叫び続ける、愛する気持ちまで止めないで

 

いつか傷ついて優しい気持ち失くして

夢を追いかけるホントの意味さえ見えなくなってた

子供たちが夢を持ったまま生きていって欲しいと願うから

今、僕らはここで何をすべきか愛すべき僕らの未来の為

 

幾千の星の中、優しさを分け合う喜びを知り

僕たちは、これから繋いでゆくんだ希望と命の糸

僕が笑顔でいられたら、あなたの笑顔が見ていられる

そう信じて僕は叫び続ける愛する気持ちまで止めないで

愛する僕らの未来の為 

 (愛すべき未来へEXILE曲より)

 

*****************************************************************************************************

傷ついてしまったインナーチャイルド
癒すにはどうしたら良いのでしょうか?


子供の頃の環境が悪くて傷ついてしまったり、親から言われた事が

忘れられなかったりして今も苦しい。

 

その為に自分に自信が持てない、子供が出来ても親と同じ事を自分も

してしまいそうで怖い。だから自分を好きになれない。

 

「自分を大切にして下さい。」と言われても、大切にする事が分からない。

そんな人は、どうしたら癒す事が出来るのでしょうか?

 

そんな時は泣いてる子に集中しないで下さい。

 

「悲しかったね。苦しかったね。」と言い続けないで下さい。同情しないで下さい。

同情すると、そこから抜ける事が出来なくなってしまいます。

 

傷ばかりを追っていると、いつまでも傷が生々しく存在します。

傷は必ず治ります。その方には自己治癒力が有ります。それを信じて下さい。


身体だけではなく心も自己治癒します。それを信じて傷の事は気にせず

楽しい事をしていて下さい。そうすれば気が付いたら傷は治っています。


最初、自分のイメージの中で泣いている子(小さなあなた)を見て下さい。

見るだけでいいです。そのまま泣いている子を見守ってあげて下さい。

泣いてるなら気が済むまで泣かせてあげて下さい。


でも同情はしないで下さいね。一緒に悲しむ必要は有りません。

悲しまないで下さい。じっと、ただ見守ってあげて下さい。

そうすると泣くのに疲れてきます。だんだん涙が止まってきます。

そしたら、その子が出来る事に視点を合わせていってく下さい。


その子が出来る事です。小さな子供でも歩けますね?

「歩いてごらん」って、そっと優しく言ってあげて下さい。

 

歩き始めたら、それを褒めてあげて下さい。

「とても上手に歩けて凄いねー」って褒めてあげて下さい。

歩ける事も素晴らしい事です。歩くと言うのは当たり前では無いのです。


微妙なバランスを取りながら、足を交互に出せるのは奇跡に近い事なのです。

それが出来る、その子は凄いのです。

歩く事に自信が出来たら次に出来る事を見つけて下さい。


走れる事でもいいです。何かを作れる事でもいいです。

おしゃべりが出来る事でもいいです。

 

おしゃべり出来るならば、その話をじっと聞いてあげて下さい。

そして上手に話が出来た事を褒めてあげて下さい。

 

どんどん些細な事でもいいです。出来る事を見つけて褒めてあげて下さい。

どんな事もで出来て当たり前じゃないんです。その子が出来る事に対して、

「出来て凄いね」と、とにかく褒めてあげて下さい。

 

その子が笑ったら一緒に笑ってあげて下さい。

「笑顔がとても可愛いね」って、褒めてあげて下さい。

そうすると、その子は自分に自信が持てるようになります

 

小さな自分に自信が出来ると、他の人に言われた事など気にならなくなります。

 

自信を付ける為には、褒めるのが1番です。

可愛そうな子供時代だと思い、それを癒さなければいけない。と言うスタンスでいるとその子(自分自身)を、いつまでも被害者の立場に居させてしまう事になります。

 

被害者になってしまうと自分では何も出来ないと思い込んでしまいます。

親のせい、誰かのせいで私はこんな悲しい思いをしたとなると、

いつまでもそこから出られなくなります。

 

癒さなければいけない・・と思うと言う事は、自分は被害者であると

認めてしまうことになります。


被害者のままで居させるのではなく、自立する方向へ視点を変えて下さい。

可愛そうだと同情するのではなく、自信を付けてあげて下さい。

 

自分に自信が出来ると、今まで悲しい出来事だと思っていた事が、

「なんだそんな小さな事だったんだ」と、思えるようになります。


その時に初めて、全て癒されたと思えるのです。

傷を見てずっと悲しみの中にいるのではなく、傷が治っていく事意識を向けて行けば

同じように傷ついたとしても受け取り方が変わってきます。


悲劇だと思って誰にも言えなかった事が話のネタになるのです。

(自虐ネタではないですよ)

 

話のネタに出来てしまえば、なんて事はなくなります。先ずは自信をつけて下さい。

自分の存在自体が奇跡なのですから。

出来て当たり前だと思っている事に、ちょっと視点を変えてみて下さい


その方には沢山、出来る事が有るんです。その方しか出来ない事ばかりなのです。

出来ない事を見つけるのは上手なのに、出来る事を見つけるのは苦手ですね(笑)


でも少しだけ視点を変えてみれば反対になります。

出来る事が、どれだけ多いか分かってびっくりしますよ。

 

小さな自分が笑ってくれるまで褒めて褒めて褒めちぎってあげて下さい。

これは他の誰にも出来る事ではありません。


自分にしか出来ない事なのです。

 

そして「親と同じ事を、自分も又してしまうのではないか?」と、もし怖いと思う

気持ちが有るのであれば、「私は、それをしません」と決めればいいだけの事です。

 

それだけです。全て自分が決めればいいのです。

小さな自分(インナーチャイルド)を被害者にしないで下さいね。

 

褒めてあげれば自信がつきます。自信があれば自分が好きになれます。

自分を好きな人はそんな意識をしなくても知らず知らずに自分を大切にしています。

大丈夫!!

傷は知らない内に自分で治します。

深刻にならず楽しい事をしていて下さい。

 

(今日の私の学びをシェアさせて頂きました)

 

今日も皆様の一日が素敵な日でありますように!! (o^―^o)